つゆこと魚住惟森が管理する、BL日めくり選出記録です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「普通の男」
2005年10月22日 (土) | 編集 |
この距離に来たかったのだ。
そしてできればもっと近くに。



榎田尤利著「普通の男」231ページ 03.11発行


選者:つゆこ
<あらすじ>
花島は、ある夜コンビニで出会った的場と再就職先の出版社で再会。
厳しいだけではない的場に花島は懐き、親しくなっていくが…。


つゆこ つゆこの感想

 テーマの普通談義とコンビニエピソードはあんまり好きじゃないんだけど、
 このシーンは何度読んでもときめきます。
 深夜の路上で近付きすぎな男ふたり、、見たい。
 花島が信じないように信じないように頑張ってるのも切ないの。

 ていうかもうこの辺ほんと切ない。
 あと何ページよっ!?
 そうしたら…そうしたら……
 …眼を見開きすぎて涙が出ます。

 そうして、ラストに納得がいかなかった私は、
 読んだ後の勢いに任せて作者様に感想を書き送ったのでした。
 そしたら榎田さまからお返事をいただいてしまったのです…。
 た、たしかお怒りではなかったはず。
 恐れ多くて正視できなかったのではっきり覚えてないけど、たしか。
 思い出すだけで顔から火が吹き出る。

 ということで、これはこれでありだと今は思います。
 思ってますとも。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。