つゆこと魚住惟森が管理する、BL日めくり選出記録です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「いたいけざかり」
2005年10月16日 (日) | 編集 |
俺あんたのそーゆーとこ
くっだらね~~と思う



西目丸著「いたいけざかり」106ページ 04.04発行


選者:つゆこ
<あらすじ>
幹本は幼馴染みの弟シゲに好かれ付きまとわれ、戸惑っていた。
子供の頃に幼馴染みとふたりでシゲに万引きをさせたことがあったから…。
何も覚えてないらしいシゲを持て余した幹本が邪険にしても、シゲはあきらめない。
直球で問いかけてくるシゲに「女、つくれば」と言ってみた幹本だったが。


つゆこ つゆこの感想

 このあたりでもうカンちゃんは観念しそうになってると思う。
 シゲはごまかされないし、カンちゃんのためにもいちいち傷つかない。
 しかもこういう流し方で実はシゲを試そうとしてる自分に気付かされてしまった…?
 ふっきって背を向けないとやばいぐらい、ネックはもう”それ”だけなことにも。
 こりゃあこわい。自分のこだわりと勇気次第なのは。

 でもまだ全然煙に巻くつもりだったのに、
 シゲが覚えてなかった万引きのことをカンちゃんはシゲに話すんだよね。
 カンちゃんはほんとかわいい。かわいい~。
 やさしくてかわいくて、すっとぼけてる!愛いなあ。

 ていうか、くま高って。くま一高くま二高って。どんなよ。
 あ~でも、”となりの高校なのに毎日むかえにくる”ってきゅんきゅんする。
 女じゃないからできることって気がする。
 中高の男の子って割と平気でこういう友愛表現するから憧れるんだ…。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。